フォークリフトの資格を活かした派遣の仕事について

フォークリフトの資格を活かした派遣の仕事とは

フォークリフトの資格を派遣で活かす

フォークリフトとは、人の手では運ぶことができない重い荷物を運ぶための自動車です。

車体の前方についたフォークと呼ばれる2本のツメを、パレットと呼ばれる2つの穴がついた専用の荷台に挿入して荷物を運びます。

フォークリフトを運転して荷役作業をする人は、リフトマンまたはオペレーターなどと呼ばれることがあります。工場や倉庫の求人で「オペレーター募集」などと書かれていることがありますが、これは、フォークリフトの運転手をさします。


フォークリフトの資格を活かした派遣の仕事内容

フォークリフトの資格を活かせる業種としては、物流業・運送業・製造業などがあげられます。では、その中で具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

  • 工場や倉庫での荷役作業(トラックで運ばれてきた荷物を下ろしたり、逆にトラックに荷物を載せたりする作業)
  • 荷物の入荷処理や出荷処理
  • 倉庫内の荷物の整理整頓

フォークリフトの派遣の勤務する日や時間帯

勤務日は会社によって異なりますが、倉庫自体が平日のみ稼働しているため、土日休みの週休2日制というところや、土日のいずれかまたは両方出勤し、平日の休みが交代制というところもあります。

時間帯は、8時半〜17時半など一般のサラリーマンと同じような時間帯のところもあれば、午前・午後の2交代制のところ、早朝・日中・深夜の3交代制のところなど会社によって様々です。

ですから、就業条件をよく確認し、自分の生活スタイルに合った勤務体制が選択できる会社を選びましょう。

フォークリフトの資格を活かした派遣の給料

フォークリフトの派遣員の給料

フォークリフトの資格がある方の時給の相場は1,000〜1,300円です。深夜勤務の場合、この時給にさらに200〜300円上乗せされます。

1ヶ月(1日7時間、22日間出勤)の給料は、日中勤務で154,000〜200,200円、深夜勤務だと250,000円ほどになります。


2種類のフォークリフトの資格

フォークリフトで運ぶことができる荷物の重さには上限があり、フォークリフトの資格はその最大積載荷重によって2つに分けられます。

1.最大積載荷重1トン未満

フォークリフトの基本操作を学ぶ「特別教育」を受講します。特別教育では、6時間の学科教育と6時間の実技教育を行います。実技教育では、走行操作の実践を4時間、荷物の積み下ろしの操作を2時間行い、全て受講すると修了証書が発行されます。

2.最大積載荷重1トン以上

1トン以上のフォークリフトの運転資格を得るには、「技能講習」を受講する必要があります。こちらも学科教育と実技教育がありますが、保有している資格やフォークリフトの実務経験に応じ、講習内容と受講時間が4つに分かれています。

例えば、普通・中型・大型・特殊大型の自動車免許を保有し、1トン未満のフォークリフト特別教育を修了し、3ヶ月以上の実務経験がある場合は、「11時間講習コース」を。フォークリフトの運転実務経験がない場合は「35時間講習コース」を受講するといった具合です。

フォークリフトの資格を活かした派遣として働くメリット

スキルアップできる

前述したように、フォークリフトには2つの資格があり、実務経験を積み、講習を受けることで1トン以上のフォークリフトの運転資格を得ることができます。積載荷重の制限がないこの資格を取得できれば、任される仕事の幅や就職先の間口も大きく広がるため、スキルアップ・収入アップにつながります。

やりがいが生まれる

フォークリフトの仕事は経験を積むにつれ、ただ単に荷物の上げ下ろしをするだけではなく、管理しやすい商品の置き方や効率よく作業を行う方法が身についてきます。また、運転や操作技術がアップすれば、初心者にはできない細かい作業もできるようになります。努力次第で能力や技術が上がり、現場で頼りになる存在になることでやりがいが生まれます。

フォークリフトの資格を活かした派遣として働くデメリット

フォークリフトの派遣のデメリット

忙しい

工場や倉庫の取り扱う商品によって、目が回るほど忙しい時期というのがあります。例えば、お中元やお歳暮の時期、飲料水やアイスクリームなどを扱う倉庫では夏前の5〜6月、教科書や学校用品を扱う倉庫では2〜3月などです。

このような時期は、例え派遣社員といっても休みが取りづらい時期になります。派遣先を決める際は、自分が希望する会社の繁忙期をしっかりとチェックすることが大切です。

神経を使う

フォークリフトの操作は比較的簡単だと思われがちですが、一歩間違えば大変な事故になってしまいます。実際、荷崩れによって下敷きになったり、フォークリフトが横転してしまったり、人をひいてしまったりといった事故が後を絶ちません。

このような事故が起こらないように、フォークリフト運転中は常に神経を集中させておく必要があります。

フォークリフトの仕事がおすすめの方

長時間の運転が苦にならない方

在庫を多く抱えている工場や倉庫では、一日中ひっきりなしに作業をすることもあります。ですから、長時間の運転も苦にならず、楽しんできる方におすすめの仕事です。

慎重な仕事ができる方

フォークリフトは、人の手では運べない重い荷物も運ぶことができる大変便利なものですが、少しの気の緩みが大きな事故にも繋がりかねません。ですから、常に安全に配慮した慎重で丁寧な仕事ができるという方におすすめの仕事です。

体力のある方

フォークリフトの運転自体に体力は必要ありませんが、広い倉庫内を歩き回ることが多いので体力があるに越したことはありません。また、早朝や深夜の勤務が多い場合は健康管理をしっかりとできる人が向いています。

人と接するのが苦手な人

上司や同僚、トラックの運転手などとの最低限のコミュニケーションは必要ですが、基本的は黙々と一人で行う仕事なので、人と接するのがあまり得意ではないという方に向いている仕事です。

フォークリフトの資格を活かせるのは派遣とパート・アルバイトではどっちがいい?

一般的に、派遣スタッフは同じ仕事内容であってもパートやアルバイトより時給が高く設定されています。しかし、派遣スタッフにはパートやアルバイトにはない契約期間が決められています。ですから派遣は、短期間でがっちり稼ぎたいという方に向いていると言えるでしょう。

また派遣スタッフには、労災保険に加入できるというメリットがあります。労災保険とは、通勤中や勤務中にケガや病気をしてしまった際に、保険金を受給できる制度です。フォークリフトの仕事は、常に危険を伴うため、万が一のために労災保険に加入できれば安心です。

派遣・パート・バイトのどれにもメリット・デメリットがありますが、安全面・収入面の両方から考えて、派遣スタッフになることをおすすめします。

フォークリフトの資格を活かしたおすすめの人材派遣会社

日総工産

日総工産の公式ホームページ

日総工産は、全国各地に拠点を持つ創業40年の製造系の人材派遣会社です。

「優良派遣事業者認定」、「製造請負優良適正事業」のGJマークを取得しており、利用者の満足度も高く、友達紹介が非常に多い信頼のおける派遣会社です。フォークリフトの資格を活かせる求人も多数扱っています。日総工産の製造系総合求人サイト「工場求人ナビ」で検索し自分にピッタリの仕事を探すことができます。

日総工産派遣会社の工場求人ナビ詳しい内容はこちら

総合キャリアオプション

総合キャリアオプションの公式サイト

総合キャリアオプションは、北海道から沖縄まで、日本全国の製造・物流系の求人を多数扱っている人材派遣会社です。

求人件数は、常時約18,000件。フォークリフトの実務経験がない方やブランクがある方でも応募可能な求人が沢山あります。また、寮付きの求人もあるので、遠すぎて通勤できない範囲の職場でも紹介してもらうことが可能です。

総合キャリアオプション詳しい内容はこちら

まとめ

フォークリフトの資格は比較的簡単に取得できるうえ、物流業・運送業・製造業で働く場合、大変有利に使える資格になります。

努力次第で、ステップアップができ、やりがいを感じることができる仕事ですので、工場での仕事を検討されている方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。