ブラック企業の線引きの詳細

> ブラック企業の線引き

ブラック企業の線引き

従業員に過酷な労働条件を強いる企業をブラック企業と言い、最近は法の整備などにより見直されるようになりました。しかし、どこまでが優良企業であり、どこからがブラック企業なのかという線はいまだに曖昧な点が多いように思います。
アルバイトを含めて働いたことがある人なら誰しも、労働条件に不満を感じたことがあるのではないでしょうか。例えば、求人募集をしていた時は残業なしと言っていたのに、入社してしばらくすると退社時間になっても帰れないということは往々にしてあります。これをブラック企業という人もいますが、企業側からすると、一般的な速度で仕事をしていると時間内に終わる作業であるので、その人の能力不足のためであるという言い分もあります。実際の内情は、詳しく調査してみたいとわかりませんが、企業側が残業代もきちんと支払っているのであれば、これによってブラック企業のレッテルを張ってしまうのは酷なように感じます。
またブラック企業というと、大きな会社のイメージがありますが、実際は個人で経営している中小企業の方が過酷な労働を強いられている場合が多いです。例えばアルバイト先に、30分単位で残業代が発生する会社がありました。そこの経営者は残業代を支払いたくないため、30分経つぎりぎりまで働かせておいて、それを超えないようにタイムカードを退社にさせるということをしていました。30分の残業でも、積もれば何時間ものタダ働きになります。これは悪質なブラック企業ではないでしょうか。中小企業の場合、経営者と従業員との距離が近いことなどから、労働条件に不満を感じていても文句を言えない人が多いです。こういったブラック企業にこそ、法に基づいた労働条件の整備をして欲しいです。